散策ブログ_日本全国(関西・関東他)おすすめの人気観光スポット紹介

京都・圓徳院_晩年ねねが暮らした地、化粧御殿からの見事な紅葉の景色は必見です

WRITER
 
entokuin523+
この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

圓徳院の見どころ紹介

entokuin1

圓徳院は、豊臣秀吉の正室である北政所ねね(高台院)が77歳で没するまでの19年間すごした場所です。
ねねが高台寺の創建と同時に秀吉と過ごした伏見城の化粧御殿とその前庭を移築して暮らしていたのです。ねね様は毎日ここ圓徳院から高台寺に通っていたそうです。

ねねの死後、甥にあたる木下利房(木下家定の次男)によりに改められ、利房の院号である圓徳院となり高台寺の塔頭寺院となりました。
ねねを慕い大名や歌人や茶人など多くの文化人が訪れていたそうです。

こちらは正門です。額縁のように整った門です。秋には額縁の中から赤く色づいた美しい景色が拝見できます。

 

entokuin2

通路の横にひっそりと置いてある手水鉢です。秀吉がお世話になった今川義元の親戚にあたる方へお礼に送ったもので、後にその親族より圓徳院に寄贈されたそうです。400年以上も古くからあり秀吉が好んだ手水鉢ということなので貴重ですね。

 

【圓徳院近辺の情報】
高台寺の情報はこちら
八坂神社
の情報はこちら
周辺のお店情報こちら

豪華襖絵

entokuin3

圓徳院には、重要文化財に指定されている長谷川等伯の貴重な障壁画32面が所蔵されています。桐紋の襖の上に描かれた水墨画でたいへん珍しいものだそうです。
元は三玄院の方丈に飾られていたもので、等伯が住職の不在時に一気に描き上げた襖絵だそう。これは等伯がかねてより懇願していたことで許されずにいたためこの機会をねらったそうです。事の次第を知った住職は立腹したものの絵の出来栄えに感嘆したそうです。
こちらの画像は、現代日本画家による「松竹梅」や「雪月花」を描いた豪華絢爛な襖絵です。

 

見事な紅葉景色の北庭

entokuin523+

伏見城にあった北政所の住まいだった化粧御殿と前庭です。原型そのままに留め移築したもので「北庭」と呼ばれています。化粧をしたように美しいとされた御殿は火災で何度か焼失されたようですが、北庭は現存しているそうです。池泉回遊式庭園でしたが後に小堀遠州により整えられ、桃山時代の典型的な枯山水庭園となりました。国の名勝に指定されています。

巨岩巨石が配されたダイナミック豪華なお庭になっています。
ベストな紅葉時期には圓徳院の北書院からはもっと見事な景色が眺められます。
ねね様も見ていた当時のお庭を寛ぎながらのんびりと眺められ癒しのひと時が過ごせます。

 

entokuin5

丸窓からは爽やかな景色と自然の光が入り込みお部屋のおしゃれなワンポイントとなっています。丸窓から見える冬景色も絵になりそうですね。

 

entokuin6

ねねの兄・木下家定の嫡男は歌人木下長嘯子(ちょうしょうし)として知られており、歌仙堂ではその長嘯子を祀っているそうです。こちらのお部屋には数々の短歌が展示されています。
圓徳院には、ねね様を慕い多くの文化人たちが訪れていたようで、ここで賑やかに過ごされていたのでしょう。

 

三面大黒天

entokuin523+2

境内には秀吉の守り本尊であった三面大黒天像が祀られています。福の神「大黒天」、勝利・子宝の神「毘沙門天」、学問・芸術の神「弁財天」が三天合体神として祀られています。一度に三つのご利益が得られると言われているそうです。

entokuin523+1

お部屋にはミニチュア三面大黒天が大事にショーケースに入って祀られていました。

 

アクセス

entokuin7

圓徳院は、ねねの道として親しまれている通りを挟んで高台寺の向かい側に位置しています。

市バス停「東山安井」から徒歩5分
京阪線 祇園四条駅から 徒歩約10分
阪急線 京都河原町駅から 徒歩約15分

9:00~17:00

京都市東山区下河原町530

 

【圓徳院近辺の情報】
高台寺の情報はこちら
八坂神社
の情報はこちら
周辺のお店情報こちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 日本絶景お散歩ブログ SANSAKU , 2020 All Rights Reserved.