散策ブログ_日本全国(関西・関東他)おすすめの人気観光スポット紹介

八坂神社_祇園祭で有名な祇園さんで知られている神社、パワースポットで人気_京都

WRITER
 
yasakamein
この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

八坂神社の見どころご紹介

yasaka1

祇園さん」の愛称で知られる八坂神社です。八坂神社の門前町として栄え花街で有名な祇園に近く、神社周辺は常に観光客で賑わっています。
初詣には毎年100万人ほどの参拝者が訪れる京都で人気の神社です。ご利益は疫病退散、商売繫盛、美人祈願などでその他、本殿を取り囲んで多数の御祭神が祀られていて、それぞれにご利益があります。摂末社のいくつかをご紹介しています。
以前は御祭神が釈迦の生誕地である祇園精舎の守護神であったことから「祇園神社」「祇園社」と呼ばれていました。1868年(明治元年)に八坂神社と改名されたそうです。日本三大祭り「祇園祭」は有名です。

 

【八阪神社近辺の情報】
高台寺の情報はこちら
清水寺の情報はこちら
二寧坂・産寧坂こちら

八阪神社の歴史と主祭神

yasaka20

主な御祭神は、素戔嗚尊(すさのをのみこと)、妻・櫛稲田姫(くしいなだひめのみこと)、8人の子供・八柱御子神(やはしらのみこがみ)です。素戔嗚尊は出雲の地で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に呑み込まれそうになっていた老夫婦の末娘を助け、その娘・櫛稲田姫を妻とされたのです。
創祀は、656年、斉明天皇2年に高句麗からの使節・伊利之(いりし)が新羅国の牛頭山(ごずやま)の守護神・素戔嗚尊を奉斎したことに始まるとされています。
平清盛や源頼朝など歴史上有名な武将からの崇拝もあつく、江戸時代には徳川家により本殿や楼門などが再建されています。

 

パワースポットの本殿・舞殿・祇園祭

yasaka21

yasaka30

yasaka22

八坂神社はパワースポットとしても有名です。
本殿の下には大地の気が吹き上がる龍穴があると言われています。龍穴は陰陽道では繁栄する土地とされているのです。
本殿は1654年に再建されたもので、拝殿と一つの屋根で覆われた造りで「祇園造り」となっています。国の重要文化財に指定されています。
本殿前の舞殿では奉納行事が行われ、夜になると提灯に明かりが灯され情緒あふれる雰囲気が楽しめます。

■祇園祭
八坂神社は1100年以上の伝統のある「祇園祭」で毎年夏に賑わいます。祇園祭は、京の都に疫病が流行した時、神泉苑に66本の矛を立てて祇園の神を迎え厄災の除去を祈願したのが始まりで、平安時代の中頃には大規模になり賑わうようになったそうです。

 

八阪神社の鮮やかな西楼門

yasaka3

四条通の突き当りに際立つ朱色の二階建ての西楼門が建っていて、観光客の撮影スポットになっています。重要文化財に指定されています。ライトアップされた姿もすてきですね。

 

縁結びの神様 大国主社

yasaka4

yasaka5

大国主社の御祭神は、出雲大社の御祭神でもある大国主命です。素戔嗚命(すさのおのみこと)と櫛稲田姫(くしいなだひめのみこと)の間に生まれたのが大国主命です。
古くから祇園さんの縁結びの神様として信仰を集めています。大国主命と白うさぎ像がマスク姿で迎えてくれます。こちらのかわいい願掛けうさぎちゃんに願い事を書いた紙を納めて奉納するとご利益があるとか。

 

伊勢の神様・大神宮社

yasaka23

大神宮社では、皇室の祖神であり伊勢神宮の御祭神であられる天照大御神(内宮)と衣食住の守護神である豊受大神宮(外宮)が祀られています。天照大御神は八坂神社の御祭神である素戔嗚尊の姉神でいらっしゃいます。健康長寿や家内安全などのご神徳があります。

 

美御前社で美人祈願

yasaka7

美御前社は、その名の通りを象徴する神様として宗像三女神が祀られています。古くから祇園の芸妓さんや舞妓さん他、美しくなりたいと願う女性の崇敬を集め美貌の神として信仰されています。こちらの湧き出ている美容水をお肌につけるとご利益があるとか。

 

えべっさんの北向蛭子神社

yasaka6

yasaka11

えべっさんと称され親しまれている福の神、商売繫盛の神様です。1646の建造で国の重要文化財に指定されています。北向きに建っているため北向蛭子神社と言われています。

 

疫神社で疫病退散祈願

yasaka8

疫神社の御祭神は蘇民将来命(そみんしょうらいのみこと)です。災厄を払い、疫病を除いて福を招くと信仰されています。すさのをのみことが旅をされた時、蘇民将来が粗末ながらも食事で厚くもてなしたので、その真心に喜び「蘇民将来の子孫なり」といえば今後、疫病から免れしめると約束されたそうです。それに因んで祇園祭では「蘇民将来子孫也」と記した「祇園祭粽(ちまき)」が販売されています。

 

八阪神社の神馬舎

yasaka25

神馬は古来より祈願の際に神にささげられてきました。八坂神社と神馬との関わりは古く920年(平安時代初期)に朝廷より奉納されたのが始まりとのこと。室町時代には将軍家より神馬が奉献されていたのです。明治初期の頃まで実際に神馬が飼われていたそうですが、現在はこの神馬舎に木製の神馬2頭が奉安されています。正月に白馬を見ると年中邪気を除くと言われていたようです。

 

アクセス

yasaka24

こちらの色鮮やか南楼門から神社を後にすると、八坂の塔へ続く道に出ます。小路をゆったり歩きながら清水寺へ行くのが定番の散策コースです。
清水寺周辺の情報はこちら

・京阪電車「祇園四条」駅から徒歩7分
・阪急電鉄「四条河原町」駅から徒歩10分
・市バス「祇園」バス停からすぐ

 

京都府京都市東山区祇園町北側625

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 日本絶景お散歩ブログ SANSAKU , 2020 All Rights Reserved.