散策ブログ_日本全国(関西・関東他)おすすめの人気観光スポット紹介

瑠璃光院_書院からの絶景が有名、スクリーンに広がる幻想的な光景に感動です_京都

WRITER
 
rurikoin5
この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

紅葉の瑠璃光院をご紹介

rurikoin12021.11.30

通常非公開、(4月~6月)と(10月~12月)の期間だけ特別に公開れる瑠璃光院。なんともフォトジェニックな光景!書院からの圧倒されるほどの美しい景色が有名です。大人気のため事前のご予約が必要になります。
瑠璃光院公式サイト

 

やすらぎの郷、八瀬

rurikoin2

rurikoin3

瑠璃光院は比叡山の麓に建立された寺院です。叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」を下車して、高野川にかかる橋を渡り紅葉の色づく参道を歩くこと5分、閑静な雰囲気の趣のある山門にたどり着きます。

 

瑠璃光院の格式高い書院

rurikoin4

山門を入ってゆるい上りの参道を歩けば山露路の庭から美しい紅葉の景色に出迎えられます。色づいた紅葉の隙間から数寄屋造りの書院が見えてきます。錦鯉が戯れる姿を見ながら石橋を渡ると玄関へ到着します。

 

2階書院からの絶景

rurikoin5

rurikoin6

部屋に入った瞬間に瞬きするのがもったいないほどの絶景がスクリーンとなった窓に広がっています。磨かれた机の天板に映し出される紅葉の景色はまるでイルミネーションの輝きのようです。監督である蜷川実花さんが表現する華やかな世界観が想像されます。まさに天然の芸術品ですね。
春には鮮やかな青もみじが一面に広がり素晴らしい緑のグラデーションが見られます。

 

rurikoin7

書院は、大正末期から昭和にかけて造営された名建築で、京数寄屋造りの名人と称された中村外二氏が手掛けています。自然を借景とした庭園は佐野藤右衛門一統によるものと伝わっています。
カメラを構える位置により変わりますが磨かれた廊下にも赤や黄色の紅葉映えした華やかなショットが撮影できます。

 

rurikoin8

お座敷の隅には机が並べられており、こちらで写経体験ができるのです。受付を済ませると写経セットがいただけるので、それを使って席に座って静かに写経をしながら心穏やかに過ごせます。

 

八瀬名物「かま風呂」

rurikoin9

一階では有名な「八瀬のかま風呂」が見学できます。その由来は、壬申の乱(飛鳥時代672年)で、後の天武天皇となる大海人皇子(おおあまのおうじ)が背中に矢を受け、八瀬の地の釜風呂でその傷を癒されたことに伝わります。そのためこの地は古来「矢背」とも記されているそうです。

rurikoin10

かまくらみたいな可愛い蒸し風呂です。中は割りと広めでリラックスできそうです。

 

瑠璃の庭

rurikoin11

一階のお庭を観賞できます。肌触りの良い絨毯のように見える美しいが一面に敷き詰められた癒される景色です。お座敷に座りゆっくりと紅葉に彩られた瑠璃の庭を堪能できます。「瑠璃色に輝く浄土の世界」をあらわした庭とのことです。一条のせせらぎが優雅に流れています。

 

臥龍(がりょう)の庭

rurikoin12

rurikoin13

天に駆け昇ろうとする躍動的なを石段と水で表現した池泉庭園です。秋の涼やかな雰囲気にぴったりの日本情緒あふれる和める名庭ですね。

 

茶庵「喜鶴亭(きかくてい)」

rurikoin14

三条実美ゆかりの茶室です。明治から大正期にかけて活躍した実業家であり政治家の田中源太郎がこの地に構えた庵に当時明治政府の太政大臣であった三条実美が「喜鶴亭」と命名したそうで、その名がこの茶室に受け継がれたそうです。

 

瑠璃光院へのアクセス

rurikoin15

出町柳駅から叡山電鉄「八瀬比叡山口行」に乗車、「八瀬比叡山口駅」下車し徒歩5分

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 日本絶景お散歩ブログ SANSAKU , 2021 All Rights Reserved.