散策ブログ_日本全国(関西・関東他)おすすめの人気観光スポット紹介

泉涌寺_皇室ゆかりのお寺、楊貴妃観音は美のパワースポットです_京都

WRITER
 
sennyuji1
この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

泉涌寺の見どころご紹介

sennyuji12020.11.11

泉涌寺は、東山三十六峰の一つ月輪山の麓に建立された寺院で、森に囲まれた静かな境内には立派な伽藍が建立されています。世俗から離れた清らかな世界が広がっています。

歴代天皇の御葬儀が営まれ天皇陵を持つ泉涌寺は、皇室から長く篤い信仰を受けており「御寺(みてら)」と呼ばれています。

お寺の一角から霊泉が湧き出たことにより泉涌寺と名付けられました。それは現在でも枯れることなく湧き続けているのです。
また泉涌寺では、めずらしい三世仏の本尊が拝見できます。

 

【泉涌寺の近隣情報】
雲龍院こちら
今熊野観音寺こちら

大門(重要文化財)

sennyuhu509+

総門から長い参道を登ると泉涌寺の大門に着きます。大門が一番高い位置になっているため伽藍は下った坂道の先に建立されています。
大門は、桃山建築の造りで霊獣などの彫刻が施された貴重な正門で「東山」の額が掲げられており東山門とも呼ばれています。

 

泉涌寺の歴史

sennyuji5

弘法大師空海が草創したと伝わるなど開創については諸説あるようですが、平安時代に草創され、その後に荒廃していたお寺を1218年の鎌倉時代に月輪大師・俊芿(がちりんだいし・しゅんじょう)が賜り再興されたとのこと。

俊芿は1199年に中国のに渡り、天台・浄土・律・禅を究め1211年に帰国し、北京律(ほっきょうりつ)をおこしました。
宋の法式を取り入れた大伽藍を造営し1226年に完成されました。

 

楊貴妃観音堂

sennyuhu509+1

sennyuhu509+2

優美で異国風の顔立ちの美しい楊貴妃観音がご覧いただけます。美のパワースポットとして多くの女性が訪れています。

唐の玄宗皇帝の妃である楊貴妃は絶世の美女として知られています。756年の安禄山の乱により命を落とします。乱の後、玄宗皇帝は亡き妃の面影を偲び観音像を造ったそうです。
中国に渡った俊芿の弟子である湛海(たんかい)が1255年にその像を持ち帰り、泉涌寺に安置したのだそうです。

 

泉涌寺の仏殿・三尊仏

sennyuji4

sennyuhu509+4

大門から下った参道の正面に建っているのが仏殿です。
創建時の伽藍は応仁の乱で焼失し1668年に徳川4代将軍家綱により再建されています。国の重要文化財です。
二重層建築に見えますが一重入母屋造りとなっています。窓がアーチ型の花頭窓で、オリエンタル風でおしゃれです。

本尊は左から「現在」阿弥陀如来、「過去」釈迦如来「未来」弥勒如来の三世三尊仏が安置されています。他ではあまり見られない宋仏教の形式による本尊のようです。

天井には「雲龍図」が描かれ、本尊の背後の裏壁には「白衣観音壁画」があり、江戸時代初期の有名な狩野探幽(かのうたんゆう)の筆でこちらも必見です。
また毎年3月14日~16日の間、国内最大級の「大涅槃図」が公開されます。

 

舎利殿(非公開)

sennyuhu509+5

仏殿の隣に舎利殿が建立されています。釈迦の歯(仏牙舎利)が奉納されている霊殿です。京都御所の建物を移築改装したものです。天井には狩野山雪筆の雄大な雲龍図「鳴龍」が描かれています。
毎年10月8日には舎利会法要が営まれ多くの参拝者が集まるそうです。

 

皇室菩提所・霊明殿

sennyuhu509+3

高貴な雰囲気漂う霊明殿(非公開)です。唐門の先に霊明殿が望めます。明治期に炎上し明治天皇により再建されています。
泉涌寺は、皇室との結びつきが深く1242年に四条天皇の御葬儀が営まれています。後鳥羽上皇や北条政子など公家武家から深く帰依され、南北朝~安土桃山時代の天皇、江戸時代の後陽成天皇~孝明天皇に至る歴代天皇・皇后のご葬儀が執り行われ「月輪陵(つきのわのみささぎ)」と名付けられた山稜が境内に設けられています。

霊明殿の中央御扉内には四条天皇御尊像が安置され、明治天皇・皇太后、大正天皇・皇太后、昭和天皇・皇太后の御尊牌が奉安されています。

 

皇族方の休憩所・御座所

sennyuji7

sennyuji9

皇族方がご参拝の際に使用される休憩所で、現在も利用されているそうです。すべての部屋の襖には様々な絵が描かれ、宮廷生活の一端が伺えます。
霊明殿と御座所、海会堂に取り囲まれるように庭園が築かれています。紅葉した色鮮やかな景色や、雪化粧した姿など四季折々の風景が楽しめます。

sennyuji8

 

 

泉涌寺水屋形

sennyuji6

泉涌寺の名の由来となった清泉を覆う屋形で1668年に再建されています。清泉は絶えることなく湧き続け、屋形の近くで耳をすますと清泉の流れる清らかな音を聞くことができます。

 

アクセス

sennyujimain

東大路道のバス停「泉涌寺道」から東へ300mlほど緩やかな坂道を登ると、こちらの総門へ辿り着きます。ここからが泉涌寺の境内になります。

9:00~16:30(3月~11月)
9:00~16:00(12月~2月)
【拝観料】大人 500円 子供 300円(小中学生)

京都市東山区泉涌寺山内町27

【近隣情報】
雲龍院こちら
今熊野観音寺こちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 日本絶景お散歩ブログ SANSAKU , 2020 All Rights Reserved.