散策ブログ_日本全国(関西・関東他)おすすめの人気観光スポット紹介

雲龍院_「悟りの窓」と「迷いの窓」の紅葉の景色が有名、色紙の景色も必見です_京都

WRITER
 
unryuin517+
この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

雲龍院について見どころご紹介

unryuin92020.12.9

真言宗泉涌寺派・別格本山の雲龍院です。泉涌寺境内の南側にお寺は建立されています。
山の高い位置に佇み、自然豊かで奥深い静かな環境に囲まれた雲龍院は、随所に見どころがある隠れた名寺院です。
素晴らしい自然のアートが部屋を上品な雰囲気にしている悟りと安らぎのお寺です。
雲龍院では、めずらしい走る姿の大黒天が拝見できます。

 

雲龍院の歴史

unryuin1

雲龍院は1372年に後光厳天皇(ごこうごんてんのう)により自らの菩提所として建立され、竹巖聖皐(ちくがんしょうこう)を開山として迎え創建されました。
1389年には皇子・後円融天皇(ごえんゆうてんのう)により如法写経を興すため龍華殿が建立されました。
江戸時代初期に後水尾天皇により写経道場・龍華殿が現在の位置に再建され、雲龍と龍華両院を併せて雲龍院としたそうです。
お寺は歴代皇室の信仰が厚く度々行幸されています。明治初期には歴代天皇の尊牌を祀る霊明殿が完成しています。

 

雲龍院の不思議な雲龍図

unryuin11

受付を入っていくと正面に不思議な大きな雲龍図があります。
左右それぞれから眺めてみると龍の鼻の長さが違って見える不思議な雲龍図で楽しめます。

 

蓮華の間

unryuin517+

蓮華の間では、雪見障子の四つの窓から四つの違った景色が眺められます。椿・灯籠・紅葉・松が額縁に入った絵画のように眺められ「しきしの景色」と言われています。ベストポジションで眺められるように定位置に座布団が置かれています。
赤い絨毯がいいアクセントになっていて、部屋をノーブルな雰囲気にしています。
色紙の窓からは自然のオーラが溢れ出て、癒しとともに華やかな空間を演出しています。

 

悟りの間

unryuin517+1

悟りの窓」からは季節それぞれに違う景色が楽しめるそうで、春は紅梅かいどうシャクナゲが順に花を咲かせ部屋を華やかに見せてくれます。今の季節、秋には紅葉が鮮やかに色づき、丸く切り取られたアートがおしゃれで時間を忘れて眺めてしまいます。

 

unryuin517+2

悟りの間にある奥の襖からは五色の紅葉が楽しめます。終盤になると美しいグラデーションに色づくそうで、和の空間に程よい癒しの存在を放っています。
お座敷に座ってゆっくりと和み額縁の景色を楽しみました。

悟りの間では、四季折々に移り変わる自然の変化がアートとしてお部屋を美しく彩り、心地よい安らぎの時間を過ごせる空間となっています。

 

unryuin517+3

もう一つ、悟りの間の入口近くに四角い「迷いの窓」があります。角型は「人間の生涯」を象徴し「四苦八苦」を表現しているそう。何かに迷っている時に眺めたくなるような感じですね。

 

霊明殿・龍華殿(重要文化財)

unryuin10

雲龍院は泉涌寺の別院であり皇室とは密接な関係のあるお寺です。霊明殿には後光厳天皇や後円融天皇、後水尾天皇~孝明天皇まで歴代天皇の御尊牌が祀られています。

写経道場として使われている本堂・龍華殿です。扉がすべて閉められた部屋の中は静かで集中して写経できそうな環境でした。後水尾天皇よりご寄進された写経机が現在も使用されているそうです。ご本尊は、お医者様の役目を果たす仏様として親しまれる薬師如来三尊像が祀られています。両脇には日光・月光菩薩が安置され祀られています。

龍華殿の前の庭に徳川慶喜が寄進したという石灯籠があり、菊の御紋の盛り砂の中心に置かれています。元々は孝明天皇陵にあったのですが、幕末の混乱期に放り投げられていたものを雲龍院の住職がこっそり取りに行きここに移したそうです。

 

大輪の間

unryuin8

unryuin7

おいしい抹茶と和菓子をいただきながら寛ぐことができます。器には菊花紋が入っていて格別な味がします。
この庭にはかつて大石内蔵助が「龍淵(りゅうえん)」と名付けた大きな池があったそうですよ。ここでお茶を飲みながら庭を眺めていたのでしょうか。

 

アクセス

unryuin20

市バス泉涌寺道のバス停から徒歩15分

9:00~17:00(受付終了 16:30)

京都府京都市東山区泉涌寺山内町36

 

泉涌寺の情報はこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西の有名観光地やおすすめ観光スポットなどを巡り見どころやお気に入りのお店などをブログに載せています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 日本絶景お散歩ブログ SANSAKU , 2020 All Rights Reserved.